CARIFOOD

カリフッドと数の子

カリフッドと数の子 >>学報記事「数の子事業はまさに『芸術』」はこちら(PDF)

カリフッドと数の子

ニシンを求めて

“ニシン御殿”などとよばれるほど栄えた北海道のニシン産業も、いまから50年ほど前に漁獲が激減し大きな転機を迎えました。その状況を目前にし、当社前社長の井出喜規は新たな原料の産地を求めてアラスカ、カナダの産地開拓を行いました。アラスカ、カナダでは数の子はおろかニシンすら食す文化がなく、現地の漁師に一からニシン漁を指導しました。
こうして北米の抱卵ニシン漁は対日向け輸出のための完全なる輸出産業として誕生し、その先頭に立ったのが井出ならびに現在の道内大手各社の先代の方々でした。その後、北米での数の子事業は順調に発展し、大手資本が参入するなど成熟期を迎えました。それを目にした井出は次なる産地としてロシアに目を向け、新たな産地開拓をスタートしました。
とき1990年のことです。

ニシンを求めて

新しい時代に向けて

数の子の消費は、世の変化に伴い変容しました。「お節もいいけどカレーもね!」とキャンディーズがCMで問うたのが、1970年代。このコピーに誘われたのかのように数の子の消費をめぐる環境は大きく変化しました。年末年始には帰省し、家族とともに過ごす時代から、旅行や外食を楽しむ時代へと変わりました。
また、お節料理自体も食材を家でしつらえる従来の姿に代わり、和洋中、いろとりどりのお節セットを購入し簡便に済ませる家庭も多くなりました。1979年には数の子買占め事件が日経新聞の1面記事となり。数の子は「黄色いダイヤ」と呼ばれ高値のイメージが定着しました。
このような中でアメリカ、カナダなどの太平洋数の子の消費が頭打ちとなった一方、粒子感は弱いが安価な大西洋数の子(カナダ東海岸、オランダなど)が味付け数の子の原料として使用され、一定の地位を築きました。
また、往時240社あったといわれた北海道内のメーカーが今や40社程度に減少するなど、他の水産商品と同様、衰退・縮小の道をたどりました。
このような中、井出は加工地として中国の存在にも早くから着目し、大連から青島に至る渤海湾沿岸の多くの工場を吟味し、青島ビールで知られるほど水質の良い水が豊富な青島でニシン加工拠点の整備を進めました。
日本では、卵を抜いた後のニシンガラは身欠きにしんの原料となります。その身欠きにしんの需要も減少傾向にあります。
従来、淡水の魚を食していた中国市場は、安価でおいしいニシンを通じて海の魚のおいしさを認め、新たな市場が萌芽しました。
さらに、日本、ロシア、中国間の地理的な近接性は、北米産ニシン事業にはない産地・加工地(一次加工=腹出し、二次加工=製品化)・消費地を柔軟に組合せる新しいモデルを生み出しました。
井出の下で数の子事業の経験を積んだ多くの人材が独立し、このモデルに拠る新たな時代の数の子産業を発展させました。

新しい時代に向けて

日本でのあらたな事業

多くの水産会社が海外に生産拠点を移す中、2012年、井出はあえて北海道岩内に工場を取得し、日本国内での腹出しから最終製品製造までの一貫製造体制を確立させました。
数の子産業の今後の成功は、コスト・製造面の合理化よりもむしろ、この産業において次世代を担う人材の育成が必要と考えたためです。
また、ニシン文化を有する北海道に根を下し、改めて一匹のニシンで如何に複層的な事業を行うかという新たな事業構想力も手元に工場をもって初めて獲得できるものです。
さらに言えば、愛着をもってニシンの腹出しをする女工さん方の活躍の場をつくることは、リーディングカンパニーの使命でもあります。

日本でのあらたな事業

新年最初の食卓を彩る矜持

このように数の子産業の歴史に深く関わってきた当社は、数の子事業に格別なる思いと愛情をもって取り組んでおります。当社のロシア産数の子の取扱シェアは70%を超えています(※)。これをロシア側からみれば、当社との取り組みがすなわち日本の数の子産業の写し絵であります。
今や当社は日本で唯一の現地での原料買付から腹出し、原卵加工、販売までを一貫して行う数の子メーカーとなりました。 このマーケットリーダーとしての、そして日本の新年最初の食卓を彩る数の子メーカーとしての矜持をもって日々事業に取り組んでまいります。
※2011年~2013年 当社調べ

新年最初の食卓を彩る矜持

©2013 carifood inc.