CARIFOOD

【二代目日記】 生産の国内化③

国内化をコストや損益だけの面で図るのは容易なのですが、これは一面的に過ぎます。損益面以外でも、今後は当社にかかわってくださる従業員やお取引先が圧倒的に増えることとなります。私をはじめとした会社、社員の責任はますます重くなります。3年前に岩内工場を立ち上げた折、地元の多くのパートさんから感謝され、それが私の不安を吹き飛ばしてくれました。誰かが地方の雇用を生み出さなくてはなりません。それを当社がやるのです。そこまで会社を発展させることができた、と一旦立ち止まって考えると感慨深いものがあります。まずは、これから始まるロシアニシン漁でしっかりと原料を買いつけてきます。

最新情報

7

Sep

外食産業ウィーク

先週、外食産業ウィーク@東京ビッグサイトに出展いたしました。...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】 生産の国内化③

国内化をコストや損益だけの面で図るのは容易なのですが、これは...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】生産の国内化②

国内生産化について、当初は「こんな風に考えているんですが、、...

詳細はこちら

記事一覧はこちら



©2013 carifood inc.