CARIFOOD

【二代目日記】【ご連絡】イクラしょうゆ漬けと松前漬の発売について

2012.12.03 Monday
現在、多くの皆様からイクラしょうゆ漬けと松前漬の販売についてご連絡をいただいております。

両方とも来週から出荷可能になります。サイトも近々修正いたしますので、今しばらくお待ちください。

 

【二代目日記】シトカニシンの減産予想
2012.12.17 Monday
選挙がある年は、荷動きが悪いという業界の一説がありますが、まさにその通り。勝つ人もいれば、負ける人もいるわけで、日本全体で新年をにぎにぎしく祝おう、という気がそがれるのももっともでしょう。子供のころは、大人たちが選挙で浮足立つ様子を不思議な気持ちで眺めていましたが、自分が大人になり、もろに影響を受けるような事業をやっていると、こういうイベントは時期を選んでほしいと(勝手ながら)切に思います。

さて、そんなところにもってきて、業界にとってショッキングなニュースがありました。このブログでも取り上げてきたシトカニシン大減産の報です。

シトカニシンは、2009年の漁獲枠14,500tが、2012年には28,000tまでに増え、4年間で2倍になりました。一方、枠の増大に比して(特に今年の)漁獲は不調で、魚体の小型化から資源危機が叫ばれるほどになりました。本年の漁獲は枠の半分程度の13,000tでした。

現在の報によれば、来年は漁獲枠が11,000tとなり、一気の大減産となることが決定的です。

業界にとってこのニュースにインパクトがあるのは、数の子の中で漁獲期が早く、原料価格が高いシトカニシンの価格動向が、われわれのロシアを含め、他産地に大きな影響を与えるからです。来年以降、シトカの価格が上がることで、ブリストルも上がり、伴ってロシアも上げ基調になるでしょう。ここ数年、円高と豊漁・増産で比較的コスト面で救われてきた流通サイドにとっては、早くも来年の値上げを考えての動きとなります。

今年の荷動きはイマイチだし、来年は値上げだし、、、数の子メーカーにとっては憂鬱なる年末です。

 

 

最新情報

7

Sep

外食産業ウィーク

先週、外食産業ウィーク@東京ビッグサイトに出展いたしました。...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】 生産の国内化③

国内化をコストや損益だけの面で図るのは容易なのですが、これは...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】生産の国内化②

国内生産化について、当初は「こんな風に考えているんですが、、...

詳細はこちら

記事一覧はこちら



©2013 carifood inc.