CARIFOOD

【二代目日記】あけぼの げんこつ に思う

2011.03.12 Saturday
先日、出張の際、羽田空港でお土産を選んでいました。私のお土産選びのポリシーは、「自分が食べたい物を買う」なので、今回も「あけぼの」さんでおせんべいをみていました。あけぼの、といえば「げんこつ」なのですが、ショッキングなニュースがひとつ。

このげんこつせんべいファンにとっての歴史的大作「げんこつ」が製造終了になるとのことです。理由は、職人さんの高齢化。げんこつは、この職人さんがずっとつくり続けていたのだそうです。私が小学生のころからデパ地下にいってはずっと買い続けてきた1品。多くのメーカーが、この硬さ、ヒビ入れに挑み破れていったと思います。

それはそれで残念なのですが、そういう背景をきちんとお客に説明できる店員さんをお持ちなのが素晴らしいと思いましたし、そういう職人さんや店員さんをお持ちのあけぼのファンを続けている自分も一寸誇らしい気持ちです。

これからは、「丸彦製菓」の「うまいせんべい」だけを頼みに煎餅ライフを送ります。最近、袋がジプロックになりました。

 

 

最新情報

7

Sep

外食産業ウィーク

先週、外食産業ウィーク@東京ビッグサイトに出展いたしました。...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】 生産の国内化③

国内化をコストや損益だけの面で図るのは容易なのですが、これは...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】生産の国内化②

国内生産化について、当初は「こんな風に考えているんですが、、...

詳細はこちら

記事一覧はこちら



©2013 carifood inc.