CARIFOOD

【二代目日記】そろそろお正月②

2009.12.05 Saturday
スーパーの店頭でも数の子が並ぶようになりましたね。
今年は、全般的に原料が高かったこともあり、例年の500gから400gに内容変更したお店が多いようです。

井出商店は、300g、500gご用意しておりますが、価格が安いこともあってか、500gのご注文のほうが多いです。

よく、数の子の賞味期限を聞かれます。
数の子は、飽和塩水(それ以上塩が溶けない濃度の塩水)で塩じめしている保存食ですから色がわるくなったりはしますが、ご家庭用の冷蔵庫で半年くらいは持ちます。ただし、ヤケが入ってきますので、風味は落ちますが。

年末にお買いになれば、3月末までは十分に持ちますので、ゆっくりお召し上がりください。

今年の商戦もおわりに近づき、ようやくPCの前にゆっくり座れるようになりました。社長実質初年目の今年は、ホントにいろんなことを学んだ壮絶な年になりました。

最新情報

7

Sep

外食産業ウィーク

先週、外食産業ウィーク@東京ビッグサイトに出展いたしました。...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】 生産の国内化③

国内化をコストや損益だけの面で図るのは容易なのですが、これは...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】生産の国内化②

国内生産化について、当初は「こんな風に考えているんですが、、...

詳細はこちら

記事一覧はこちら



©2013 carifood inc.