CARIFOOD

【二代目日記】ニシン漁続く

2009.06.08 Monday
ロシアのニシン漁は、漁開始の遅れが懸念されたものの、先週末より第二波が押し寄せ、順調に推移しています。(ニシンは魚群が何度か岸に押し寄せ、一斉にたまごをうみます)

今年は、カナダ、アラスカ(ブリストル)産に魚体の小型化、不漁傾向などが見られ、数量の減少と価格上昇の気配があります。今年はロシア産ニシンの人気が高くなるかも知れません。

そんな中、会社としては井出商店ブランドの味付け数の子や松前漬けを作ってみたいと考えてます。
今、市場で売られている味付け数の子は、添加物山盛りです。甘味料とアミノ酸系調味料により妙に甘ったるくて、肴にもご飯のおかずにもなりません。

かつおと昆布の天然素材をベースに、化学調味料、着色料、保存料を使わないタレが先週完成しました。もう少し手を加えますが、上々の出来上がりです。

最新情報

7

Sep

外食産業ウィーク

先週、外食産業ウィーク@東京ビッグサイトに出展いたしました。...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】 生産の国内化③

国内化をコストや損益だけの面で図るのは容易なのですが、これは...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】生産の国内化②

国内生産化について、当初は「こんな風に考えているんですが、、...

詳細はこちら

記事一覧はこちら



©2013 carifood inc.