CARIFOOD

【二代目日記】ランチルームでの学校給食

2009.06.08 Monday
私は東京都大田区立小池小学校を卒業後すぐに浦安へ引っ越してしまったので、小学校時代の友人との付き合いがほとんどありません。井出商店は、この小学校の近くにあり、先日「全OB同窓会」の張り紙を目にしたので、昨日参加してきました。

残念ながら参加者は全員、50歳以上で、同期はおろか前後の年の方もいませんでした。私は、今37歳。男性も女性も仕事、子育てに忙しい時ですから、やむを得ないと思いました。

この小学校は10年ほど前に改築されたそうで、初めて足を踏み入れてみました。その中でびっくりしたのがランチルームです。

広々としたその部屋は、大学のカフェテリアみたいな感じで、全校生徒(975人のマンモス校です)は無理でしょうが、2学年くらいは入りそうな感じです。月1回程度は、この部屋でワイワイと食べているうで、賑やかな様子が目に浮かびます。

好きな友達と開放的な空間で食べる給食はおいしいでしょうね。

そうそう、25年ぶりに校歌を歌ったら昔は気付かなかった歌詞の意味に気付いてジーンときました。「はつらつ飛躍の姿を揃え、伸びゆく日本の理想を描く。教えの庭こそわが学び舎よ」ときたもんだ。

最新情報

7

Sep

外食産業ウィーク

先週、外食産業ウィーク@東京ビッグサイトに出展いたしました。...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】 生産の国内化③

国内化をコストや損益だけの面で図るのは容易なのですが、これは...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】生産の国内化②

国内生産化について、当初は「こんな風に考えているんですが、、...

詳細はこちら

記事一覧はこちら



©2013 carifood inc.