CARIFOOD

【二代目日記】今日の築地(6/6)

2009.06.06 Saturday
築地は、素人には敷居が高いと思っていらっしゃる方。そんなことはありません。土曜日の築地は一般のお客様も多く、場内仲卸各店を除きながら、食材を漁るのは、ほんとに楽しいひととき。値札も付いてるし安心して買い物ができますよ。ただし、ターレには気を付けてください。(寸止めでとまってくれますけどね)

今日は9時ごろ築地に到着。この時間でもまだまだ十分に買い物を楽しめます。夕飯用に旬のウニ(1舟:100g)1000円、と小柱(300円)を買いました。その後は鮭を扱う仲卸さんと、一寸打ち合わせ。いい仕込みができました。

一度お勧めしたいのが活タコ。1-2の小さめのタコを家でもみこみ、ゆで上げると、とても香りが良い自家製ゆでダコができます。以前は塩でもむ、といわれていましたが、最近はぬかやそのままもむ、でもいいようです。
私は、まず頭の筋を取り、皮をひっくり返して中の内臓をとったあと、最初は粗塩でもみ、その後は、水でもみこんでます。タコの吸盤に未経験の方は、実際の感触をお楽しみください。
ヌルヌルがなくなったら、熱湯で5分ほどゆでます。タコは、たこしゃぶ、刺身、煮物などいろいろつかえて下ろすのに失敗が少ない食材です。今日の価格は1キロ1500円前後でした。

築地の仲卸ガイドも書きたいなぁ。

最新情報

7

Sep

外食産業ウィーク

先週、外食産業ウィーク@東京ビッグサイトに出展いたしました。...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】 生産の国内化③

国内化をコストや損益だけの面で図るのは容易なのですが、これは...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】生産の国内化②

国内生産化について、当初は「こんな風に考えているんですが、、...

詳細はこちら

記事一覧はこちら



©2013 carifood inc.