CARIFOOD

【二代目日記】新商品つくってます!①

2011.03.01 Tuesday
数の子屋にとって工場の通年稼働、販売の平準化は、頭の痛い問題かも知れません。(冬場のウナギ工場も然り、でしょうか)でも通年化、平準化はMUSTではなく、経営としてプラスになればよい、という前提で進めるべきなので、当店にとっては、経営課題として取り上げては来ませんでした。毎年200tの数の子を販売するとなると、副業に経営資源を分散させられないし、構想を練る時間も重要だからです。

とはいえ、今、数の子を使った新商品を作っています。近日中にはご案内したいと思いますが、数の子屋が作る商品ですから、できるだけ数の子を楽しんでいただける商品にしたいと思います。

商品を企画してくれている社員には、「ココアもチョコレート屋が作るのと、ミルク屋が作るのでは変わってくる。数の子屋が作っていることを忘れるなかれ」とよく言っています。

また、当社にあるのは原料のみ。製法や調味、売価に関するノウハウがあるわけではないので、この点謙虚に学んでいこう、とも会議で伝えています。

 

 

最新情報

7

Sep

外食産業ウィーク

先週、外食産業ウィーク@東京ビッグサイトに出展いたしました。...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】 生産の国内化③

国内化をコストや損益だけの面で図るのは容易なのですが、これは...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】生産の国内化②

国内生産化について、当初は「こんな風に考えているんですが、、...

詳細はこちら

記事一覧はこちら



©2013 carifood inc.