CARIFOOD

【二代目日記】新工場の立ち上げ

2012.05.21 Monday
北海道岩内町に工場を持つことになりました。中古物件に手を入れニシンの腹出しや原卵の加工をします。これにより当社は腹出しから製品のパッキングまで一貫製造できる会社になりました。工場を閉める数の子メーカーはあっても、中古とはいえこれから新たに工場を取得するのは難しい時代です。数量の増加に伴う通年操業の必要性、中国の人件費上昇による新たな加工拠点の整備、社内ノウハウの蓄積、人員の育成、トレーサビリティへの十全なる対応、こういったことが取得に至った背景にあります。

岩内は積丹半島の付け根にある町で、往時ニシン漁で大きく栄えた町です。現在でも身欠きニシンの生産は盛んです。最近、たら丸というキャラクターで岩内産のタラコをPRしていますがタラコでも有名な産地です。ただ、鉄道は廃線となり、一般の人には一寸なじみのない町かもしれません。温泉あり。果物あり。前浜では、タラ、イカを初めいろいろな魚が上がります。みなさんから温かく迎えてもらえるよう頑張りたいと思います。

 

 

最新情報

7

Sep

外食産業ウィーク

先週、外食産業ウィーク@東京ビッグサイトに出展いたしました。...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】 生産の国内化③

国内化をコストや損益だけの面で図るのは容易なのですが、これは...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】生産の国内化②

国内生産化について、当初は「こんな風に考えているんですが、、...

詳細はこちら

記事一覧はこちら



©2013 carifood inc.