CARIFOOD

【二代目日記】日本は辺境なり? ①

2011.07.22 Friday
今年の買い付けが終了しました。今年は北米が豊漁、価格も下がったとあって、当社のロシア産ニシンの買い付けも「下げモード」で始まりましたが、結果的には予想ほど下がらず、ややロシア寄り価格で終了しました。この是非は、本年末の事業ではっきりすることでしょうが、私としては納得しております。

数の子は日本人しか食べず、かつ日本では獲れないというネジレた商品です。よって、数の子の原料である抱卵ニシンの価格は、日本人のみが買い手となる日本人の独壇場でした。ところが国際的な魚価、食糧事情を無視した「ニシンの値段は日本人が決める」的な横着な姿勢は産地に敬遠され、産地に第三国との取引を検討させる結果となりました。

 

 

最新情報

7

Sep

外食産業ウィーク

先週、外食産業ウィーク@東京ビッグサイトに出展いたしました。...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】 生産の国内化③

国内化をコストや損益だけの面で図るのは容易なのですが、これは...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】生産の国内化②

国内生産化について、当初は「こんな風に考えているんですが、、...

詳細はこちら

記事一覧はこちら



©2013 carifood inc.