CARIFOOD

【二代目日記】釜山にいきました。

2009.04.23 Thursday
先週、釜山に行ってました。
当社の数の子をお使いいただいている五万石の安井社長と鳥取でカニいけす料理チェーンをやっていらっしゃる「ぎんりん」グループの村上社長のカバン持ちです。

みなさん、意外に思われるかも知れませんが、いまやカニ、タラコなどロシア産の水産品の入札は釜山で行われています。一説によると、日本に荷揚げすると買いたたかれるため、第三国に舞台が移った経緯もあるようです。

いまや、世界で一番品質にうるさいため、新興国に買負ける日本の輸入水産品。消費者は、多少形が悪くても安くていいものを求めているわけで、買いたたき一辺倒のスタイルは、もう通用しないのです。

ところで、旅行中は市場を見たり、宮廷料理をたべたり、世界遺産仏国寺を訪ねたりしました。事業の成功を見てなお貪欲な好奇心で新しいものを探す両社長の姿勢に、いたく感服しました。

最新情報

7

Sep

外食産業ウィーク

先週、外食産業ウィーク@東京ビッグサイトに出展いたしました。...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】 生産の国内化③

国内化をコストや損益だけの面で図るのは容易なのですが、これは...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】生産の国内化②

国内生産化について、当初は「こんな風に考えているんですが、、...

詳細はこちら

記事一覧はこちら



©2013 carifood inc.