CARIFOOD

【二代目日記】関取誕生

2011.07.22 Friday
早稲田大学出身の力士、直江君(尾車部屋)が今名古屋場所 幕下5枚目で7戦全勝で幕下優勝、来場所新十両として関取になることが確実になりました。

直江君は、名門明大中野高校出身。私が早大相撲部監督を務めていたとき、早大受験を勧めた縁があります。彼が入学した時に、私は監督退任。卒業後はプロに行くと聞いていたものの、音信はありませんでした。しかし、ある日家に番付表が送られてきました。そこには最下段に小さい相撲文字で「直江俊司」の名前があり、蛍光ペンで細く、丁寧に線が引かれていました。

入学のきっかけとなったとはいえ、あまりに縁遠くなってしまった私に、このようなことができることに私は感動しました。自分も学生時代多くの先輩方にお世話になったのに、年賀状一つ送らずにいるわけですから。本人、留年し9月卒業となりましたが、その際にも報告の電話がかかってきました。

最近は、場所前後に食事をするのを楽しみにしていました。幕下上位は星のつぶしあいです。勝ち越して十両にあがるのと、負け越すのでは地位も生活も大違いですので、非常に厳しい戦いが続きます。今回全勝で、十両を決めたのは見事というほかありません。尾車部屋の力士はしこ名に「風」がつきます。直江君がどんな「風」になって土俵をにぎわせてくれるのか楽しみです。

 

 

最新情報

7

Sep

外食産業ウィーク

先週、外食産業ウィーク@東京ビッグサイトに出展いたしました。...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】 生産の国内化③

国内化をコストや損益だけの面で図るのは容易なのですが、これは...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】生産の国内化②

国内生産化について、当初は「こんな風に考えているんですが、、...

詳細はこちら

記事一覧はこちら



©2013 carifood inc.