CARIFOOD

【本】 澤地久枝「密約」

沖縄の本土復帰に際しての密約をすっぱ抜いた毎日新聞西山記者と秘密を漏えいした外務省事務官の話。アメリカから日本に支払われた補償金の一部が、実は日本からアメリカに払われた後、還流した資金であることを西山記者は、事務官から機密文書を入手して知る。それを野党社会党にリークするが、千才一遇のネタを手に入れながら、政権を攻めあぐむ。そのうちに情報ソースが露見し、政治的な関心が既婚男女の個人的な関係へと向けられていった事件と裁判の経過を、1女性の立場から書いたもの。著者は、私の大学学部の先輩。著作は何冊か読んだはずだが、内容はほとんど記憶にない。それもそのはずで、フリーになって初めて書いたこのドキュメントを読まないと、澤地の問題意識がわかるはずがなかった、ということに気付いた一冊。
フリーとして、仕事を求め1女性として生きていく困難に直面した当時の著者が、外務省事務官の似たような生い立ちに共感しながらも、その後の振る舞いに徐々に違和感を感じ、最後は嫌悪すらも催す。著者が描く人物像には、いつでも同姓を嫌悪する視座があって、その原点は、この事件の取材にあったのだ。

さて、特定秘密保護法案は、本日、衆議院を通過した。西山記者は、最近同法案に対するコメントを積極的に展開している。当時の西山記者の取材方法の妥当性はいろいろ論じられたようだが、ナベツネさんの記者論は秀逸だ。

最新情報

7

Sep

外食産業ウィーク

先週、外食産業ウィーク@東京ビッグサイトに出展いたしました。...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】 生産の国内化③

国内化をコストや損益だけの面で図るのは容易なのですが、これは...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】生産の国内化②

国内生産化について、当初は「こんな風に考えているんですが、、...

詳細はこちら

記事一覧はこちら



©2013 carifood inc.