CARIFOOD

全社 ニシン会議

ロシアでのニシン漁開始を前に、今年の計画や課題を話し合う会議をもちました。段取りをしているうちに驚いたのは参加者が12名、3か国の担当が集まることになるのです。当日を迎え、会議室に座る面々を見て「いつの間に、こんなに多くなったんだ、、、」としばし絶句してしまいましたが、頼もしい猛者たちが集まっているようにも見え、2日間にわたる会議を終えました。皆様大変お疲れ様でした.

数の子事業は、ロシアでの買い付けから販売まで、現場を張る各担当の力量によって成否がきまります。当社の強みは、この多様性と若い現場スタッフを有していること。弱みは、急に大きくなったのでチーミングの歴史が長くないことです。まるで、ベンチャー企業の悩みであります。

最新情報

7

Sep

外食産業ウィーク

先週、外食産業ウィーク@東京ビッグサイトに出展いたしました。...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】 生産の国内化③

国内化をコストや損益だけの面で図るのは容易なのですが、これは...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】生産の国内化②

国内生産化について、当初は「こんな風に考えているんですが、、...

詳細はこちら

記事一覧はこちら



©2013 carifood inc.