CARIFOOD

商戦模様

12月も初旬を終えました。去年と比べると12月に入ってからの注文が多いように感じます。これはメーカーが先安を予想し、あまり在庫をもたずに商戦にはいったからだと思います。投げ物と言われる、値引き販売の声も今年はあまり聞きません。例年はここからが値下げ合戦にはいる時期なのですが、市場の仲卸さんは安い拾い買いに苦慮するかもしれません。当社の生産も12月5日くらいまでで終了する予定でしたが、20日くらいまでは続きそうです。下旬に向かうにつれ、味付け数の子の問い合わせが増えてきます。ことしは予想外の売れ行きで、早々に工場のキャパがいっぱいになってしまいました。来年に向け一層の製品力向上と製造能力の拡大が課題です。

最新情報

7

Sep

外食産業ウィーク

先週、外食産業ウィーク@東京ビッグサイトに出展いたしました。...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】 生産の国内化③

国内化をコストや損益だけの面で図るのは容易なのですが、これは...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】生産の国内化②

国内生産化について、当初は「こんな風に考えているんですが、、...

詳細はこちら

記事一覧はこちら



©2013 carifood inc.