CARIFOOD

腹出し 2年目

昨年に引き続き、今年も岩内工場でニシンの腹出しを行っています。
日本国内での腹出しを今後、一層増やしていきたいと考えていますが、そこにおいて重量になのが、腹出した後のガラ(魚体)です。
鰊1kgから、出てくる卵は約200g、あとはガラですから、このガラを如何に販売していくかが、隠れたテーマです。

ガラはミガキ(身欠き)ニシンの原料として使われます。ミガキニシンは、干物(ソフト身欠き)のほか、甘露煮原料や春の山菜や秋の茄子で煮物を作る際に使われます。決して需要の強い商品ではありませんが、春以降、身欠きやフィレ、また惣菜を作ってきました。その成果もあって、徐々にお客様がついてきてくれています。ニシンを扱うものとして、ニシンのおいしさのみならず、この時代にニシンを作り続けること、そして市場の拡大に努力することに社員の皆も数の子のリーディングカンパニーとしてのプライドを感じてくれていると思います。

需要は確かに強くはありませんが、DHAを豊富に含み、小骨を丸ごと食べられるニシンは食材として優れて優秀で、また、遠くなりつつある昭和の気配をいつも感じてしまいます。

最新情報

7

Sep

外食産業ウィーク

先週、外食産業ウィーク@東京ビッグサイトに出展いたしました。...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】 生産の国内化③

国内化をコストや損益だけの面で図るのは容易なのですが、これは...

詳細はこちら

12

Apr

【二代目日記】生産の国内化②

国内生産化について、当初は「こんな風に考えているんですが、、...

詳細はこちら

記事一覧はこちら



©2013 carifood inc.